映像制作の求人に応募して働く方法

  • 映像制作会社のアルバイトとは

    • 映像制作会社が1つの作品を仕上げるまでには大きく3つの工程を経る必要があります。



      まず企画と構成を考え、機材やスタッフを確保し撮影のスケジュールを決定する段階がプリプロダクションです。次に実際に撮影を行う段階がプロダクションと呼ばれます。最後に撮影した映像の編集・加工から完成品を一般に公開したり顧客に納品するまでの作業段階がポストプロダクションです。

      それぞれの段階に様々な職種のプロフェッショナルたちが関与します。
      プリプロダクションではディレクターやプロデューサー、構成作家などが映像制作の企画を行います。

      プロダクションではカメラマンや音声、照明オペレーターなどが実際の撮影に従事します。さらにポストプロダクションでは映像編集のプロフェッショナルがナレーションや効果音の付加などの作業を行い映像を完成させます。

      映像を制作する仕事には様々な職種がありますが、アルバイトとして映像制作業界に就職し経験を積んだ後に正社員として採用される場合も多数存在します。

      日本経済新聞に有効な知識の紹介です。

      アルバイトの仕事は資料の整理や機材の搬入などの雑用が主なものですが、撮影に当たってカメラマンとしての役割を担うこともあります。

      実務経験を積むことで、徐々に仕事の幅が増えていきます。


      テレビ局や映画会社などで働く映像編集者の多くは専門学校の出身者です。映像編集には一定の技術と知識が必要になります。



      専門学校では在学中から学校が提携する映像制作会社でアルバイトができる場合もあり、ポストプロダクションが求める高度な技術を習得することが可能です。