映像制作の求人に応募して働く方法

  • 映像制作会社のアルバイトとして働くメリットとは

    • 映像制作会社では主に撮影時の機材の搬入や資料の整理など様々な雑用を任せるアルバイトを募集しています。


      テレビ番組やCM、映画などを制作する場合には有名人と一緒に仕事をして珍しい経験ができるというメリットがあります。しかしアルバイトとして映像制作の現場に関わる最も大きなメリットは、能力次第で正社員として採用され映像制作のプロフェッショナルになることができるという点です。



      映像制作は大きく3つの工程に分かれます。


      まず映像に関する企画や構成を行い、スタッフや機材を確保して撮影のスケジュールを決定する事前準備の段階があります。

      映像制作の現場を統括するのがディレクターの役割ですが、それを補佐するのがアシスタントディレクターです。

      詳しく知りたい毎日新聞の情報もあります。

      ディレクターになるためにはまずアシスタントディレクターになる必要があり掃除や機材の整理、ケータリングの手配など様々な雑用を任されます。アシスタントディレクターはアルバイトとして始める人も多く、やがては正社員として採用されディレクターに昇格します。


      次に実際に撮影を行う段階ではカメラマンや音声、照明などの職種が必要です。
      アルバイトは撮影時の機材搬入や資料整理などの雑用が主な仕事ですが、カメラマンとして撮影を行う場合もあります。
      最後に撮影した映像の編集と加工を行います。


      映像の編集と加工には高度な技術と知識が必要なので、専門学校出身者や経験者が優遇されます。



      一方でアルバイトとして実務経験を積み、正社員として採用されると仕事を任されることになります。