映像制作の求人に応募して働く方法

映像制作の求人に応募して働く方法

映像制作の仕事には様々なものが存在します。

テレビ番組やCM、映画などの制作の他にも結婚式のような個人的なイベントの映像制作もあります。日本各地には大小多数の映像制作会社があり、それぞれ得意とする業務の分野は異なるものです。


また映像を制作する会社に就職する方法も複数存在します。

映像制作の費用のお得情報を公開します。

一般的に映像を制作するプロフェッショナルとして、テレビ番組やCMなどの制作を行う場合には専門学校を経由して就職する場合が多数派です。
専門学校では映像の制作に必要となる基礎的な知識を学ぶことができます。
さらに一般社団法人日本ポストプロダクション協会が実施する映像音響処理技術者資格認定試験に合格することも可能です。

朝日新聞デジタルの情報を多数ご用意したサイトです。

映像を制作するスタジオや制作会社のことをポストプロダクションと呼びますが、映像音響処理技術者資格認定試験はポストプロダクションで必要とされる基礎的な能力が問われる試験です。


映像音響処理技術者の資格を取得することで、より多くの求人の選択肢から希望の会社を選んで就職することが可能となります。



専門学校在学中に映像制作会社でアルバイトとして働き、実務経験を積むことができる場合も存在します。

自分が望んでいる環境で正社員として働きたい場合には、専門学校を卒業するのが合理的です。


映像制作を行う会社では、それぞれ求人サイトなどを通して正社員やアルバイトの募集をしています。

アルバイトの求人に応募して採用され、一定の期間実務経験を積んだ後に正社員となる場合もあります。


  • 仕事のテクニック

    • 映像制作会社では主に撮影時の機材の搬入や資料の整理など様々な雑用を任せるアルバイトを募集しています。テレビ番組やCM、映画などを制作する場合には有名人と一緒に仕事をして珍しい経験ができるというメリットがあります。...

      detail
  • 身に付けたい知識

    • 映像制作の仕事には様々な職種が関与します。まずアルバイトから映像制作の業界に入り、経験を積んだ後に正社員として採用される場合が多く見られます。...

      detail
  • 仕事の情報まとめ

    • 映像制作会社が1つの作品を仕上げるまでには大きく3つの工程を経る必要があります。まず企画と構成を考え、機材やスタッフを確保し撮影のスケジュールを決定する段階がプリプロダクションです。...

      detail
  • 納得の知識

    • 誰でも映像を手軽に扱うことができるようになってきていますが、インターネットで世界と繋がれる現在、映像制作を仕事として行いたい場合は、アマチュアの作品との差をアピールすることが非常に重要になってきます。映像制作は、テレビや映画などだけではなく、企業のイメージ映像や、ミュージックビデオ、結婚式の映像など、様々なシーンで活躍することが可能です。...

      detail